創業昭和28年(1953年)沖縄の美しい街づくりや自然環境の保護育成に貢献する沖縄セメント工業株式会社

マックストン

施工イメージ
那覇市 泊ふ頭
点字ブロックとの組み合わせ
マックストンと点字ブロック
Rタイプ着色
那覇市国場 歩道修繕工事

マックストンは石畳やタイル張り歩行面を低コストで施工できるように開発された舗装ブロックです

製品に埋め込まれた特殊合成樹脂ネットにより路盤に凹凸の不陸があっても製品の目地で折れ曲がりフレキシブルに対応できるので自然な起伏を表現できます。

マックストーンには、こんなメリットがあります

建築施工のシステム化
舗石・縁石・段石との組み合わせにより平面だけでなく立体的な施工がシステム化できます
ブロック化による効率アップ
建築素材を精度の高いブロックに一体化することで、タイル張りのように専属の業者でなければ時間がかかった割付作業が短時間ですみ、施工時の手間を省き短期施工を実現します
デザインニーズに対応
トップ層に使用する天然御影石・スレート・タイルなど、現場に調和する表面在がセレクトできるので多くのデザインニーズに対応できます
施工の流れ
1.下地作り
2.製品の敷き込み
3.不陸調整
4.目地通り調整
5.目地材の掃き込み 6.散水作業 7.残留目地材の拭き取り製品の切り込み
データダウンロード: CADデータ(for JWW) PDFデータ
フレキシブルなマット状に成型されていますので曲率のある舗装面にも施工が簡単です。
表面には小さな凹凸をもうけ、滑りにくくしています。
トップ層、ベース層、連結ネット(特許)から構成されており折れ曲がっても分離しない特徴があります。
また、トップ層は個別に着色が可能ですのでデザイン性に優れています。
四角いパターンのほかに扇形のパターンがあります。
用途に応じて組み合わせることでいろいろなパターンが作れます。

街路歩道、学校、公園遊歩道、住宅テラス、門まわり、ビル屋上庭園、商店街など広くお使い頂き好評です

施工例

石材の粉や顔料などで彩色ができますので、様々なパターンでの施工が可能です。

また、特殊な絵柄も製作可能ですのでご相談ください。

ネーブルカデナ屋上
那覇桜坂
沖縄県立博物館駐車場 コンビネーション タイル
沖縄県立博物館 建物東側 コンビネーション タイル
沖縄県立博物館駐車場 コンビネーション タイル

四角いサイコロ石状のデザインと、四枚一組で円形になるデザインがございます。

顔料による着色も可能ですので、ご相談ください。

マックストンに関するお問合せ

マックストンについてのご質問には下記のメールフォームをご利用ください。
必須の部分は必須項目です。
※半角カタカナや特殊記号は文字化けするため使わないでください。
お名前必須
ふりがな
会社・団体名
電話番号必須
FAX番号
メールアドレス必須
住所
お問合せ内容