創業昭和28年(1953年)沖縄の美しい街づくりや自然環境の保護育成に貢献する沖縄セメント工業株式会社

カラー平板

宜野湾市 あかみちぽけっとぱーく
那覇市 沖縄県庁舎 那覇市庁舎

コンクリート舗装やアスファルト舗装では無機質になりがちな風景を色と模様のバリエーションで鮮やかで変化のある風景へと変身させます。

毎日歩く歩道や公園、そして明るく活気の有る商店街。

これらの足もとには鮮やかな色彩の「カラー平板」が似合います。

製品仕様

平板の推奨仕様 JISA5371より一部抜粋
平板種類 サイズ mm 厚さ mm 曲げ強度 kN 曲げのスパン mm
普通平板 300×300 30 3.0 240
60 12.0
厚さは60mmを標準とする。施工に於いて60mmの厚みを取れない場合は厚さ30mmとする。
無地
八畳平板
誘導ブロック
警告ブロック
選択できる色
赤、緑、黄、茶、青、アイボリー、白、モルタル色(灰色)
表面仕上げ
ショット仕上げ、洗い出し、仕上げ無し
データダウンロード: CADデータ(for JWW) PDFデータ

よくある質問

Q1 厚みが3cmと6cmがありますがどちらを使えば良いですか?
A1 3cmは歩行者のみの通行がある場所でご使用ください。
6cmは一般的な舗装に御使用頂けます。
車両の通行が多い場所では路盤にコンクリート基層を設けてください。
10cm~20cm厚のコンクリート基層が一般的です。
Q2 目地はどれくらい必要ですか?
A2 砂目地の場合は3~5mm程度の目地が必要です。
デッキブラシやホウキなどで掃きこむようにして充填します。
モルタル目地の場合は5~10mm程度必要です。
必要に応じて目地コテで押さえます。
Q3 透水性平板はありますか?
A3 あいにく、弊社での取り扱いはございません。
Q4 リサイクル製品ですか?
A4 いいえ、リサイクル製品では有りません。
Q5 着色できますか?
A5 はい。可能です。
赤、緑、黄、茶、青、アイボリー、白、モルタル色(灰色)
ただし、ブロックごとの色合いにグラデーションを付けたり、一枚のブロックのなかで色を変化させることはできません。
Q6 表面処理の種類を教えてください
A6
粗面仕上げ:
成型したままの状態。標準的な仕上げです。
ショット仕上げ:
鉄球又は砂等で表面を叩きます。細かな凹凸ができますのでやわらかい印象になります。
洗い出し仕上げ:
表面のセメントペーストを水洗いして取り除きます。玉砂利などを表面材に使用する際に用いられる技法です。

 

カラー平板に関するお問合せ

カラー平板についてのご質問には下記のメールフォームをご利用ください。
必須の部分は必須項目です。
※半角カタカナや特殊記号は文字化けするため使わないでください。
お名前必須
ふりがな
会社・団体名
電話番号必須
FAX番号
メールアドレス必須
住所
お問合せ内容