創業昭和28年(1953年)沖縄の美しい街づくりや自然環境の保護育成に貢献する沖縄セメント工業株式会社

シャコ貝養殖基盤

寸法 300x300xt60mm 25穴
寸法 300x300xt60mm 25穴
稚貝(約1cm)植え付け状況 25匹/枚

沖縄セメントは、沖縄県水産海洋研究センターと共同で環境にやさしく、生残率の高いシャコ貝の養殖基盤を開発しました。

材料は沖縄産天然の琉球石灰岩由来の砂と、カキ殻を微細に砕いた粉を使用し、海水由来の生物にやさしマグネシウム系固化材で成型しました。

マグネシウム系固化材は、海水から製造されるマグネシウムを主原料としています。弱アルカリpH領域であり環境に優しい固化剤であるため土壌の改良材としても利用される動植物に害の無い安全な固化剤です。

データダウンロード: CADデータ(for JWW) PDFデータ

2014年4月30日 海のお花畑プロジェクトメンテナンス作業 設置2013年6月23日

干潮に合わせて設置場所に移動
赤土ヘドロや海藻を落とします
シャコガイ養殖基盤は海藻とも相性が良いので一年で海藻がびっしり生えます。
防護ネットなどはありませんが順調に成長しています。一年で20mmくらいに成長しました。
掃除終了です
周辺には天然のシャコガイも自生しています。60mm
設置場所は天然サンゴも多く環境はいいようです
満潮時にはシュノーケリング出来そうです

2012年11月 第32回 全国豊かな海づくり大会 出展模様

よくある質問

Q1 シャコ貝ってどんな貝?
A1 方言名「アジケー」「ギーラ」「ニゴー」 ※島によって異なります。
とても美味しい貝で、生で刺身として食べられる他、寿司ネタとしても喜ばれます。
独特の磯の風味と自然の甘味があり、沖縄では古くから食されてきました。
特に姫ジャコは旨味が強く高級なシャコ貝として人気があります。
美しいヒダ(外套膜)で光合成を行うので透明度の高い沖縄や奄美の海に分布しています。
Q2 どうして養殖するの?
A2 天然の姫ジャコが少なくなっているからです。
1970年代は200トンの漁獲高があったのですが、2000年代には50トンまで減少しています。
Q3 基盤が必要なのは何故?
A3 従来の養殖は天然のサンゴに植えつける方法が取られていましたが、この方法だと姫ジャコが成長するに従いサンゴに穴があいてしまい、残念なことにサンゴ礁の破壊につながってしまいました。
また、天然のサンゴが少なくなっているため、姫ジャコを植え付けることのできるサンゴも少ないという問題もあります。
そこで、人工の養殖基盤があれば天然サンゴを壊すことなく必要な数の姫ジャコの養殖が可能となります。
言い換えると、人工のシャコ貝養殖基盤は天然サンゴへのダメージを減らすことで天然サンゴを守る働きがあります。
Q4 餌やりはどうするの?
A4 シャコ貝は美しいヒダ(外套膜)で光合成をして成長します。透明度の高い水質と十分な日光があれば、特に餌やりは必要ありません。
Q5 ほおって置いても大丈夫?
A5 姫ジャコには多くの外敵が居ます。魚やカニ、肉食の貝などです。金網などで保護してあげてください。また、養殖基盤には海藻も良く生えるので時々それらを取り除く作業が必要です。
Q6 姫シャコ貝の稚貝(ちがい)は、どこで入手できますか?
A6 沖縄セメントでは稚貝の販売は行っておりません。
お近くの漁協または、沖縄県栽培漁業センターへお問い合わせください。
また、漁業権の無い者が無断で稚貝を採取することは違法となります。
法律で罰せられますので違法採取はお止めください。

シャコ貝養殖基盤に関するお問合せ

シャコ貝養殖基盤についてのご質問には下記のメールフォームをご利用ください。
必須の部分は必須項目です。
※半角カタカナや特殊記号は文字化けするため使わないでください。
お名前必須
ふりがな
会社・団体名
電話番号必須 ※半角数字のみで入力して下さい。
FAX番号 ※半角数字のみで入力して下さい。
メールアドレス必須
住所
お問合せ内容

納入実績

糸満シャコ貝養殖

糸満漁業協同組合 シャコ貝養殖基盤 
昨年に引き続き採用いただきました。

案件場所発注元製品寸法と規模
シャコ貝養殖基盤 渡嘉敷漁業協同組合 渡嘉敷漁業協同組合 300x300xt60 25穴