創業昭和28年(1953年)沖縄の美しい街づくりや自然環境の保護育成に貢献する沖縄セメント工業株式会社

ライブロック養殖基盤

沖合の静かな海底で、時間をかけて生物を付着させます
付着生物【ウスボヤ科】
付着生物【ウスボヤ科】
付着生物【サンゴコケムシ】
付着生物【サンゴコケムシ】
付着生物【ウスボヤ属】
付着生物【ウスボヤ属】

沖縄県産 自然にやさしい 人工ライブロック

沖縄セメントは、国頭村漁業協同組合と共同で環境にやさしい、人工ライブロック養殖基盤を開発しました。
材料は沖縄産天然の琉球石灰岩由来の砂と、カキ殻を微細に砕いた粉を使用し、海水由来の生物にやさしマグネシウム系固化材で成型しました。

従来のホワイトセメントによる人工ブロックは強アルカリ性を有するため、海水汚染の恐れがありました。

マグネシウム系固化材は、海水から製造されるマグネシウムを主原料としています。弱アルカリpH領域であり環境に優しい固化剤であるため土壌の改良材としても利用される動植物に害の無い安全な固化剤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸上養殖施設への活用

ライブロックの材料である微細なカキ殻は多孔質な構造を持ちますので、バクテリアの住処となります。

養殖場の水槽に入れることで、バクテリアがフンや食べかすなどを分解して水質を浄化することが期待できます。

また、珪藻類の繁茂により有害な窒素化合物を吸収し、水槽環境を良好に保ちます。

 

ライブロックのエサとしての効果

マグネシウム系固化材は生物に対して無毒であり、田んぼのあぜ道を固めるために使用してもメダカ類への毒性は有りませんでした。

また、カキ殻はニワトリへの飼料として畜産でも使用される安全な材料ですので、養殖動物がエサとして摂取しても問題ありません。

さらに、表面に付着した生物を養殖動物が摂取することにより、マグネシウム、カルシウム、タンパク質、ケイ酸などの補給が期待されます。

養殖動物の健康状態が良好になり生存率が高まる可能性があります。

データダウンロード: CADデータ(for JWW) PDFデータ

よくある質問

Q1 ライブロックって何?
A1 海中のサンゴの死骸などに石灰藻、バクテリアやイソギンチャク、サンゴ、小さなエビやカニなどが住み着いた状態の石です。
生き物がたくさん付いた石なので 「生きた石」=「ライブロック」と呼ばれます。
Q2 どうして養殖するの?
A2 天然のライブロックが乱獲されているからです。
生きた石であるライブロックは、水を浄化する能力があり、アクアリウムなどの水槽飼育に人気があります。
高値で取引されるので無断で採取されるなど、乱獲が問題になっています。
Q3 乱獲されるとどうなるの?
A3 天然のライブロックが乱獲されると、自然界の浄化作用が破壊されていきます。キレイで豊かな海が壊されるということです。
天然のライブロックに代わる人工ライブロックを開発することにより、自然界へのダメージを減らすことができます
Q4 ライブロックを購入したいのですが?
A4 沖縄セメントではライブロックの販売は行っておりません。
国頭村漁協まで、お問い合わせください。

沖縄県国頭村辺土名264-3 (くにがみそん へんとな264-3)
電話 0980-41-5101

ライブロック養殖基盤に関するお問合せ

ライブロック養殖基盤についてのご質問には下記のメールフォームをご利用ください。
必須の部分は必須項目です。
※半角カタカナや特殊記号は文字化けするため使わないでください。
お名前必須
ふりがな
会社・団体名
電話番号必須 ※半角数字のみで入力して下さい。
FAX番号 ※半角数字のみで入力して下さい。
メールアドレス必須
住所
お問合せ内容