創業昭和28年(1953年)沖縄の美しい街づくりや自然環境の保護育成に貢献する沖縄セメント工業株式会社

スプリットン

Q1 スプリットンは1平方メートルあたり、何個必要ですか?
A1 1平方メートルあたり10個必要です。
Q2 1平方メートル当たりの重さは何キログラムですか?
A2 約380kgです。JISでは1平方メートルあたり350kg以上であることが規定されていますので、スプリットンはこれに準じて製作しています。
Q3 控長が36cmですが、普通は35cmではないですか?
A3 スプリットンはブロック表面が割れ肌であるため、多少凹凸があります。そこで、凹んだ箇所でも35cmを確保するために、あらかじめ1cm長く製作しています。
Q4 コンクリート強度を測定したいのですが、シュミットハンマーは使えますか?
A4 あいにくシュミットハンマーは御使用できません。シュミットハンマーを使用する条件の一つとして表面が滑らかであることがあります。スプリットンは表面が粗面であることが特徴なので条件から外れます。
弊社では製品からコア抜きを行い、直接試験することでコンクリート強度を測定・管理していますので、安心して御使用ください。
Q5 水抜きは必要ですか?
A5 擁壁構造の場合2平方メートルあたり1箇所を目安に水抜きが必要となります。したがってスプリットン20個に1個を目安に水抜きを設けてください。
土質や降雨条件などでより多くの水抜きが必要な場合もありますので、御注意下さい。
Q6 根入れ深さはどれくらい必要ですか?
A6 道路土工擁壁工指針によると、「ブロック積擁壁では、積みブロック1個以上が土中に没する程度の根入れを確保すればよい。」と、されています。