創業昭和28年(1953年)沖縄の美しい街づくりや自然環境の保護育成に貢献する沖縄セメント工業株式会社

シャコ貝養殖基盤

Q1 シャコ貝ってどんな貝?
A1 方言名「アジケー」「ギーラ」「ニゴー」 ※島によって異なります。
とても美味しい貝で、生で刺身として食べられる他、寿司ネタとしても喜ばれます。
独特の磯の風味と自然の甘味があり、沖縄では古くから食されてきました。
特に姫ジャコは旨味が強く高級なシャコ貝として人気があります。
美しいヒダ(外套膜)で光合成を行うので透明度の高い沖縄や奄美の海に分布しています。
Q2 どうして養殖するの?
A2 天然の姫ジャコが少なくなっているからです。
1970年代は200トンの漁獲高があったのですが、2000年代には50トンまで減少しています。
Q3 基盤が必要なのは何故?
A3 従来の養殖は天然のサンゴに植えつける方法が取られていましたが、この方法だと姫ジャコが成長するに従いサンゴに穴があいてしまい、残念なことにサンゴ礁の破壊につながってしまいました。
また、天然のサンゴが少なくなっているため、姫ジャコを植え付けることのできるサンゴも少ないという問題もあります。
そこで、人工の養殖基盤があれば天然サンゴを壊すことなく必要な数の姫ジャコの養殖が可能となります。
言い換えると、人工のシャコ貝養殖基盤は天然サンゴへのダメージを減らすことで天然サンゴを守る働きがあります。
Q4 餌やりはどうするの?
A4 シャコ貝は美しいヒダ(外套膜)で光合成をして成長します。透明度の高い水質と十分な日光があれば、特に餌やりは必要ありません。
Q5 ほおって置いても大丈夫?
A5 姫ジャコには多くの外敵が居ます。魚やカニ、肉食の貝などです。金網などで保護してあげてください。また、養殖基盤には海藻も良く生えるので時々それらを取り除く作業が必要です。
Q6 姫シャコ貝の稚貝(ちがい)は、どこで入手できますか?
A6 沖縄セメントでは稚貝の販売は行っておりません。
お近くの漁協または、沖縄県栽培漁業センターへお問い合わせください。
また、漁業権の無い者が無断で稚貝を採取することは違法となります。
法律で罰せられますので違法採取はお止めください。